実演販売・営業・接客の際にも重要な『聴く力』

こんにちは!

今日は、新規店舗様への商品導入の商談でした。

基本的に僕たちのような販売促進会社はクライアントから委託を受けて、販売委託という形態を取るのが普通なのですが、

・これまで他社がやっていないことをやろう!

・実演販売で培った自分の経験が営業で活かせるか試してみよう!

と言うことで、新規導入商談も含めた営業代行もパッケージで行なっています^_^

 

今回は新店舗導入の商談でしたが、9SKUの導入が決まりました。

営業に出てて思うのは、実演販売のスキルって営業でも活かせてるなーということです。

正直いって、一般的な大手企業に勤めたことはないですし、これまで所属していた会社も営業研修的なのは全くなかったので…

ほぼ独学、ほぼOJTで身につけました(笑)

一番最初、一人で営業行ったのは大手化粧品メーカー様で…部長3人に囲まれて…厳しい質問にさらされながら…必死に自社の強みをプレゼンしていた記憶があります(笑)

やっていると慣れてくるもので、今ではすんなり営業できていますが、当時は得意先の部屋の前までいって、一回資料復習し直したり、想定質問検討したりしてましたね。

そんなほぼ実地で身につけた営業ですが、日頃実演販売の現場で折衝を繰り返しているからか、あまり苦労はせずにできた気がします。

実演販売でも営業でも接客でも必要なのは、『ヒアリング力』と『プレゼン力』。

『売れる実演販売士』とか『獲れる営業マン』って聞くと、一方的に話す事ばかりに目が行きがちですが、より重要なのは『ヒアリング力』ですね。

目の前にいる人を観察して、どう言う状況なのかを予測・ヒアリングしながら、自社でお手伝いできることを提示して、WinWinな関係を築いて行く。

実演販売の現場でも、営業の現場でも数字を上げようとオーバートークに走ったり、相手に決定を急かしたりする人もいるようですが…

相手が望んでいることが実現できるかできないから、はっきりとできるできないを言わないと信頼関係は構築できないと思います。

何気に新店商談は久し振りなので、ちょっと営業っぽい内容になりました!

これからも取引相手に真摯に向き合って事業を展開していきたいですね!

 

実演販売の株式会社Aves

↓ホームページ↓

https://www.to-aves.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です