ビジネス・恋愛・日常生活で活かせるプレゼン術が学べる!公式LINE登録で無料プレゼント中!

【実演販売士になりたい方】 実演販売士になるには【疑問】

こんばんは!

今日は、よく質問が上がる「実演販売士になるには」ということについて買いていきます。

結論から言うと、実演販売士と言う仕事に、特別な資格や試験などはありません。
目指そうと思えば誰でもなれる職業です。
また専属でなければいけないわけではなく、ダブルワークの方や主婦の方などもいらっしゃいます。

販売職にも様々な職業があります。

・人だかりを作ってお客様に効果的に意客様にプレゼンしていく実演販売
・店頭で商品を紹介している販売員
・スーパーで試食をお勧めするスタッフ様
・店舗の社員様
・コンビニの店員も場合によっては接客をし、販売を行います

このように販売職にも様々な活動領域があり、いずれも特に資格などなくても行える職業です。
実演販売士も大枠ではこれらの「販売職」に部類されるため、特に資格などはありません。

ただし、「特に資格がいらないんだったら自分もやってみよう!」とこれまでやったことがない方が、「実演販売士」と名乗ったとしてお仕事をいただけるかと言うとまず難しいと思います。

そもそも、依頼をいただける企業とコネクションがない、扱う商品の紹介方法がわからない、自分でやってみたはいいもののうまく販売ができず周りに相談できる人もいないためスキルが身につかないと言う事態になると思います。

かつては実演販売士の仕事は「弟子入り」と言う形で、師匠に弟子入りして口上などを学び、現場を与えてもらって独り立ちしていくと言う形が取られていたようです。
もちろん僕にも師匠がいまして、最初から自分で実演販売ができていたわけではありません。

今では、実演販売会社も多く存在し、その会社に所属して、会社所属の先輩から口上などを学びながらスキルを身につけていく形がとられています。
実演販売の会社は東京や大阪に多いですが、小さい企業も入れると多くの実演販売会社が存在します。

なので、実演販売士を目指す方は、所属する実演販売会社を探しましょう!

【所属会社を選定する】
・各実演販売会社ごとに強み・特色が異なる
まず意識しておいた方がいいのは、実演販売会社も結局は「会社」なので、各会社個性があります。
日当制で働ける会社もあれば、完全歩合の会社もあります。
扱っている案件が掃除用品が多いところもあれば、家電販売が強いところもあります。
何気なく所属する会社を選ぶのではなく、ホームページやSNSなど会社の情報をしっかりとみてから応募を検討することが大切です。

中には、研修も受講者がお金を払って受けるところもありますので、そういった情報も調べた方がいいでしょう。
弊社の場合は所属スタッフに対する研修は無料で行いますが、会社ごとに考え方があります。

・採用の条件
応募後、各会社ごとに採面談をはじめとした採用やオーディションを設けているところも多いです。
ここも各実演販売会社ごとの判断ですが、一般的な派遣会社と違い「とりあえず登録だけする」と言うところは少数ですね。
実演販売士として仕事をしていく以上、会社の看板を背負って仕事をします。
面談や面接を通して適性を鑑みて採用する企業が多いです。

弊社はお取引している企業様が大手メーカー様が多いこともあり、ここは少し厳し目かもしれません。
採用ページ開設後多数の採用お問い合わせをいただいておりますが、お祈りをさせていただく場合も多いです。

実演販売士を目指すに当たってお勧めの資格があるとしたら、「販売士」の資格ですね。
販売士教科書 販売士(リテールマーケティング)3級 一発合格テキスト&問題集 第3版

もちろん販売士の資格が必須ではないですが、現場でも役立つ知識が多いです。

その後所属会社が決まったら研修・先輩の現場の同行を繰り返して、自分で実演販売士としてスキルアップしていきます。

以上、実演販売士のなり方をご紹介しました。

少しでもお役に立てば幸いです。

実演販売の株式会社Aves
↓ホームページ↓
https://www.to-aves.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

株式会社Aves代表取締役 ビジネスプロデューサー セミナー講師 実演販売士 実演販売会社を経営。店頭の実演販売はもちろんのことテレビ出演や企業研修・コンサルティング・セミナー講師なども担当。 オンラインサロン『御子神義塾』の塾長。