ダブルワークが多い、実演販売士業界

こんにちは!

店頭やテレビ通販で見る『実演販売士』はどう言った人が多いのか。

弊社では、お笑い芸人・ナレーター・声優・俳優・通常の業務を行いながらダブルワークとして実演販売に望んでいるスタッフが多いです。

スケジュールが割と自由に組めるのがそう言ったダブルワークに向いている一番の理由で、実演販売のお仕事は土日祝日がご依頼が多く、平日に自分のお仕事をして、休日に実演販売とダブルワークの人が多いです。

特にお笑い芸人・俳優の方は、『人前に立って喋る』という、本職にも関わるスキルが身につき、お給料も発生するため、勉強する感覚でダブルワークに取り組んでいる人が多いです。

得てして、そう言った表現者の方々は人前で話すことに慣れており上達も早い場合が多いです。

普通の会社にサラリーマンとして働いて、副業として実演販売に臨む方もいらっしゃいます。

そう言った方は逆に、『人と話すのに慣れたい』、『コミュニケーション能力を高めたい』、『営業力を高めたい』と自分が身につけたい能力を伸ばすためにダブルワークとして行なっていたりします。

また『本来人と話すのが好きでそういう仕事に就きたかったが、機会に恵まれなかったため、土日を利用して働きたい』という方も多いです。

それぞれの培ってきた経験、引き出しによって実績もかなり変わってきますし、その人に向いているトークも変わってきます。

自分の強みを活かして、能力を高めていける点もダブルワークとして臨む方が多い理由ですね。

僕の場合はもともとは大学生の時に『営業の勉強になりそうだな』と思ってこの業界に飛び込みました。

実際に仕事に臨むと交渉ごとの連続なので、コミュニケーション能力はかなり上がったかなと思います。

キチンとした営業の教育とかを受けたわけではないのですが、メーカー様に営業に伺ってもキチンとした営業活動ができるようになりました。

経験値がモノを言う業界でもあるので、スケジュールを多く預けてくれて歴が長い方が有利は有利なんですが、中には経験が全くなくても要領よくすぐに実績を上げる人も多分にして多いです。

自分の強みを活かして工夫し、ダブルワークとして臨む人の多い、面白い業界です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です