実演販売の際の集客のコツ

実演販売をするときに、重要なのが、『集客』。

屋形自体の集客も重要ですが、その展開売場に足を運んで頂けるかがかなり重要です。

これはワゴンDJ(化粧品実演販売)でも一緒です。

集客のコツとしては、5W1Hを意識して集客する事。

5W1H、中学校の英語の復習みたいになりますが(笑)

①when (いつ)

②where (どこで)

③who (だれが)

④what (なにを)

⑤why (なぜ、何のために)

⑥how (どのように)

この中で、特に重要なのが、⑤のwhy。

理由付ですね。

なぜその行動をしているのかを明確にしないと、不信感満々になります。

例えば、弊社では販売を伴わない、サンプリング(新製品のお試しの試供品を配るだけの仕事)もお受けしているんですが、ただ

『無料です』

『タダです』

『どうぞ』

って言って配っていてもなんだか、怪しいですよね。

それを

『新製品の試供品なんで、よかったら』

『宣伝のためなんで、どうぞ』

って前に一言置くだけでなんだか理にかなったように聞こえます。

これ、心理学の研究で発見されたちょっと面白いマジックワードなんですが、

『〜〜〜なんで、◯◯◯下さい』

っていう話し方で話すと提案が通りやすくなります。

アメリカの心理学の実験で、『大学のコピー機に並んでいる列に割り込みをする』って実験があったのですが、なにも言わずに、

『先にコピーいいですか?』

って聞いたときに比べて、

『急いでいるので、先にコピーいいですか?』

と言って割り込みした場合の方が、先に入れてくれる率が倍近く変わったって実験データがあるようです。

それじゃ、正当な理由がないといけないかというと、そういうこともないようで、

『お腹が痛いので、先にコピーいいですか?』

と言った場合も、急いでいるのでって言った場合と同じくらいの率だったようです。

よくか考えると、『腹痛いんならコピーしてないで早くトイレ行けよ!』って突っ込みたくなる理由ですが 笑

これでも優先してくれる率は変わらないんですね。

理由を述べる、ちょっとしたことですが、効果の高い話法みたいです。

 

【今日のジョギング 記録】

◯往復距離 6km

◯累積距離 10km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です