接客業として意識すること。

『接客業』…

非常に定義の広い言葉とは思います。

weblioさんには…

『客の相手をし、もてなす職業』

http://www.weblio.jp/content/接客業

とあります(笑)

もう広すぎてあらゆる職業が当てはまるのではないかと。

営業も顧客(客)を結果という対価でもてなす職業な気がしないでもないです。

まぁ、お客様と直に接して提案する職業として、販売職も接客業の業種の中に入りますかね。

とりあえず、接客業としてまず意識しないといけないのは、

①第一印象(見た目)

②話し方

③体臭、口臭のケア

は最低限ですよね。

①第一印象(見た目)

ものすごく大事です。

以前の記事でも出ましたが、

『5秒10年』

たった5秒の第一印象が10年続きます。

表情は笑顔で接するが1番いいですよね。

笑顔でニコニコ話してる人の話って聞きたくなります。

暗い顔して話しかけられても、『ちょっといいかな…』ってなりますよね。

常時笑顔ってなかなか難しいですけど、

(僕も朝一は眠そうにしてます 笑)

10年続くんだなって考えると第一印象の表情ってすごく大切です。

プラスして、実演販売の時に僕が意識してるのが、『清潔感はあるけど、埋もれない服装』です。

シャツの色、スボンの色、ネクタイの色、ワイシャツの色、変化をつけようと思えばかなり個性的に仕上がりますが、対お客様の接客業なので、『常識の範囲内、まともに見える中で個性を出していく』ってのが重要かなって思います。

僕の場合、真夏でもシャツの上に黒いベストはありますね 笑

専門家っぽくなるので。

あとは、髪型。

これは対相手の目線ももちろんありますが、自分自身の気持ちの切り替えの面でも重要かなと思います。

僕の場合、

◯実演販売士(ワゴンDJ)として現場に臨む時…前髪を下ろしてナチュラルな仕上がりに

◯スーツ着て得意先に打ち合わせに行く時…前髪をあげて自信のあるような髪型に

ってのを意識して、自己キャラクターを分けてます。

実演販売や販売促進の時に、ずっと自信満々でやる気スイッチ全開でやっていても、僕自身疲れますし、逆に怪しいですよね。

かといって営業の時にナチュラルにやっても、短い時間なのでインパクトに欠ける。

ハタから見たら、あんまり変わってないかもしれませんが 笑

自分の中で『こういうシーンはこのキャラクター』って自分の中で人物像を決めておくと、その場にあった振舞い・話し方に繋がります。

①のみで、かなりの分量になってしまったので、②、③は別記事で! 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です