実演販売方法の切替、扱う商品による違い

こんにちは!
もう2月も残すところあと2日。
だいぶ暖かく春のような陽気ですね。
日差しが暖かいです。
お昼寝したい (笑)

昨日まで2日間静岡出張でしたが、今日は名古屋で実演販売のお仕事です。
明日も静岡なんで、できれば静岡4日間続けてもらいたいって気持ちもありますが、娘に会えない期間が長くなるので、一旦帰れて良かったです!

今日は名古屋のドラックストアでお化粧品実演販売。
『化粧品』ってきくと女性が勧めているイメージですが、化粧品実演販売(ワゴンDJ)は男性が多いです。
というより、弊社では男性しかいないですねf^_^;

僕もこの仕事始めるまで、化粧品なんて触った事もなく、出身も田舎だったので、お母さんやおばあちゃん、妹たちもメイクどころかスキンケアもしてなかったですね。。。
意外と幅の広い化粧品実演販売。
各メーカー毎に肌理論や美容理論が違いますし、扱うアイテムが多いメーカー様や逆にアイテムを絞るメーカー様等様々です。

化粧品の販売の時は、タッチアップと言って実際にお客様に使用感などをお試し頂くのが重要です。
洗剤やシャンプー、ハミガキなどは実際にその場で試せないですもんね 笑
僕の場合は使用感を試して頂いて、感想を先読みすることを意識してます。

販売の際に1つ意識したいのが、お客様との『共感』です。
『この人は私のことをわかってくれてる』と思って頂けたら1番ですよね。
化粧品の香りも色々ありますが、最初に『ほのかに甘くてすごく上品な香りですよね』、『リラックス効果のある香りで香り嗅ぐことで内側から綺麗になっていく香りてます』と感想を先読みしてからご紹介すると、『いい香りだな』って思って頂ける可能性が高くなります。

逆に何も言わずに香りを嗅いでもらうと、人によって感じ方って変わってくるので、それぞれの感想を持ちます。
ちょっとした一言で商品の良さ、印象が変わってきます。
化粧品の実演販売も奥が深く非常に面白いお仕事です。

調べてみるとこう言いた資格もあるんですね



知識をしっかり身につけたい方にはオススメの資格のようです。

それでは!今日も1日頑張ってきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です