奨学金のいい面、悪い面

Yahoo!ニュースにこんな記事が載っていました。

『奨学金受けた息子亡くし8年、夫婦に265万円の催促状』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000058-asahi-soci
僕も奨学金を借りて大学にいかせてもらいました。
やっぱり、大学教育まで受けてよかったなって思えることが多いですし、学生時代に作った縁は今の続いていますし、何より大学にいかなければ千葉の片田舎で家業を継いで狭い世界から外に出ようと思わなかったと思うので、大学まで出してくれた両親に感謝していますし、仕送りだけでは賄えなかった学費を助けてくれた奨学金にも感謝しています。
※この実演販売の仕事も大学時代に始めているので、奨学金がなかったら、実演販売士としての今の人生もなかったかもしれません。

一方で、今奨学金を返済できない人も増えている様ですね。。。
奨学金といえども、やはり本質的には『借金』。
しっかりと計画的に返済を行う必要があります。
僕はご縁あって知人に奨学金を肩代わりしていただいたので今はそちらに返済を行っておりますが。。。

上記記事で怖いと思ったのが、借りた本人がなくなった後も債権としてお残ってしまっている点。
もともと借りているお金が185万円で、80万返済している状態なのに、催促請求額は利息や遅延損害金を含めた265万円。。。
借りた額の1.5倍ほどになっています。
本人からの返済がなくなった後、連帯保証人であるご両親に連絡がなかったのは怖いですよね。
自分の知らないうちに債権が膨れ上がっている状態。。。

奨学金は大学受験の際に借りることを決めるので、返済のことも踏まえながら、計画的に借りる必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です