現状維持は退化

プーケットに行ってからというもの、考え方がいい意味で変わったなって思います。
昨年2018年はたしかにいい年になりました。
特に年末はかなり多くのご依頼を頂いて、企業としてすごくいい形で終われたと思います。
だけど、スタート地点が0(むしろマイナス)だったので、前進しているだけで良い方向に向かっていると感じていただけなのかもしれません。

海外に行って違う価値観に触れ、自分の枠外の情報が入った時に、世の中が物凄いスピードで変化し、情報が拡散されていく中で、昨日と同じ今日を過ごしていたら、それは退化だと感じました。

もちろん油断しているつもりは無かったんですが、気引き締めて目の前の仕事をしていこうという気持ちが強くなりましたね。
最近、仕事を通して本当に幅広い方々と話す機会があり、バラバラだった点と点が結びついて線が作れる感覚を持っています。

2019年は繋がりかけた点と点を完全に結んで線にしていき、線と線を編んで面にしていく、ビジネス的にはそんな年にしたいですね。

あと、曲がりなりにも経営者なので、月並みですが

右目は先の未来を視る遠視眼

左目は目の前の現実を視る近視眼

2つの視野をもって業務に臨んでいきたいです。

社会に価値を提供していく想像力、それを戦略的に実現に向かわせる論理力、そして考えたことを実行していく行動力。
全てを動員して、飛躍の年にしていきたいと思っています。

もちろん、社員・スタッフを始め支えてくれている周囲やご依頼いただけるクライアント様への感謝の気持ちを忘れずに。

日々精進を続けなければと感じる今日この頃です。

いい時ほど、身を引き締めて日々できることをやって行かないとなと思うばかりです。

とりとめもないことを書きましたが、明日約2週間ぶりとなる実演販売の店頭現場です!笑
感覚が鈍ってないか不安ですが、頑張りまーす^_^

実演販売の株式会社Aves
↓ホームページ↓
https://www.to-aves.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です